東京都城南地区に12店舗展開している調剤薬局「東京調剤センター」の求人専用サイト

東京都城南地区にエリアを絞った店舗展開

ふたば調剤薬局引っ越しを伴う転勤の心配はありません
東京調剤センターは、東京都城南地区(渋谷区・品川区・世田谷区・大田区)というエリアを絞った店舗展開を実施しているため、各店舗の距離が近く、急な欠勤にも対応できるサポート体制が整っておりますので、お子様がいらっしゃる方も働きやすい環境です。
また渋谷や自由が丘などに隣接していますので、プライベートライフも充実!

また、当社ではスタッフが長く勤められる様に、産休・育児休暇制度はもちろん、住宅手当・赴任手当等の福利厚生面に力を入れております。

毎月行われている薬局長会議で現場の声を集めるなど、現場の意見を吸い上げる体制作りを徹底しておりますので、今後も、スタッフがより働きやすい環境を整えていきます。

大学病院の門前から医療モールまで、幅広い店舗運営

東京調剤センターの店舗のバリエーションはものすごく幅広いです。

  • 大きな病院の門前のお店
  • 駅の近くで、面で受けているお店
  • 医療モールにあるお店
  • 無菌調剤室を完備して、在宅医療に取り組んでいるお店。

13店舗ですが、調剤薬局のスタンダードが全て網羅されている店舗展開です。

エリアを絞って、薬局展開をしています

ドミナント戦略ってご存知ですか? →wiki
東京調剤センターは、エリアを絞って展開しています。
全国で1番を目指すのでなく、自分の住んでいる地域で1番のサービスを提供する事が一番大事。
自分の住んでいるエリアってだいたい移動時間で1時間位?
そんなエリアで活動することが大事だと思っています。
だって、本部の人間が1日でお店を回りきれないのはいかがなものなのかな?
薬局長が全員集まれるの?
今後もエリアを絞って展開して行きます

転勤があっても、転居は伴いません。

老人介護施設へのお薬のお届けもしています

現在、40施設以上の老人介護施設へのお薬をお届けしています。地域に必要な老人介護施設で、地域医療に貢献されているドクターや介護施設の方々といろいろな情報交換する機会があります。これは医療関係者にとってものすごい勉強になると思います。

地域で一番信頼されている調剤薬局グループです

抗がん剤まで、製剤出来る施設が整っています

在宅医療は国の施策でもわかるように、今後調剤薬局には切っても切り離せないキーワードです。
その期待に応えられるよう、無菌製剤室を2店舗で導入しています。無菌を経験することは、今後の薬剤師のスキルアップとして必要ですね

無菌製剤を経験出来ます

産休取得がすごいです

誰かが常に産休で休んでいます。
そして産休から戻ってきてくれます。
現在6人が産休中(2016年8月10日現在)
産休復帰したのが、なんと女性社員の中で5%を超えました!
この数字が多いのか少ないのかわからないのですが、今後増えていくと思います。

店舗間が近いから、急なシフト変更も社員でカバー

まだまだ語りつくせないのですが、少しでも興味を持ったら連絡くださいね
詳細については、03-3788-6026 担当:佐藤まで LinkIconメールはこちら

社長あいさつ

現在まで、様々な環境変化がありました。
今後も予想できないような事態が起こるかもしれません。
あらゆる環境において、
社会から必要とされる「人間」「会社」であるためには、
現状に満足することなく、改善・改良を繰り返す工夫や努力、
新しいニーズの予想など・・・
常にアンテナを張り続ける必要があります。
わが社の未来を担う社員一人一人に期待するのは
「新しい視点と変化を求める気持ち」です。

私達に何が求められているのか?
私達は何ができるのか?
そして、何をしたいのか・・・?

一緒に考え、「より良い仕事」「質の高い仕事」を創出し、
共に成長していきましょう。

代表取締役社長 長崎 雄太

ページの先頭へ



STORY1

STORY2

STORY3