東京都城南地区に12店舗展開している調剤薬局「東京調剤センター」の求人専用サイト

患者様への約束

患者様の「健やかでありたい」「笑顔でいたい」という気持ちを真摯に受け止め、その気持ちをともに育み、質の高い優れたサービスと技術で形にしていきます。

病医院や取引先様への約束

志を同じくする全ての病医院や取引先様と公正で良好なパートナーシップで連携し、より一層質の高い医療サービスを提供できるよう、目標に向かい互恵努力を惜しみません。

地域社会への約束

地域において信頼され続けるために、全ての法令を遵守するとともに、出来る限りの経営努力を行い、医療サービスを通じた社会貢献を継続的に行います。

社員への約束

かけがえのない財産である社員一人ひとりの個性や能力を信じ尊重するとともに、その向上や飛躍を心から応援し、ともに成長したいと考えます。

企業理念が生まれるまで 代表取締役・薬剤師 長崎雄太

私たち「株式会社東京調剤センター」は、受け付ける処方箋枚数や会社の規模とは関係なく、従事する一人一人がサービスマインドを突き詰めることを目標にしています。

私は、「医療とは人間の一生を通じて最も身近な公共サービス」であるべきだと思っています。

少し過激な表現かも知れませんが、「医療環境」とは私たちの一生を通じて常に身近に存在するものです。同時に、日本の医療システムは国民の負担で成り立っており、現在では「薬局」は医療機関のひとつとして存在することが法的にも示されています。

つまり、私たち「薬局」「薬剤師」には、今まで以上に、医療環境の一端を担うという責任感のもと、行動を見つめ直し、自らの存在を意味あるものにしていく、努力が求められます。

少なくとも、今後は「薬局」の中で処方箋を待っているだけではなく、自らのフィールドを広げるため、積極的に「薬局」の外へ足を運ぶ必要があるでしょう。また、「薬局」「薬剤師」が身近な相談相手として、地域の皆様の「健康でありたい」という気持ちをサポートするために新たな知識や技術の習得も必要だと考えています。

その為にも、アンテナを常に広げ、「自分たちがしたいこと」「自分たちがしなければならないこと」「自分たちにできること」を考え、見つけていこうとするマインドが必要です。

そこで、私は社員一人一人のマインドを醸成するために、「企業理念」「行動規範」「行動指針」を設けることを決意しました。

「医療人」としての意識を高め、「サービスマン」としてもステップアップを果たし、同時に「会社組織」としても厳しい競争に勝ち抜く為には、まだまだ必要なことがたくさんあることと思います。

よい会社には誰もが共感できる哲学にも似た理念があると言います。

「薬局」「薬剤師」の存在を意味あるものとするため、私たち「株式会社東京調剤センター」の掲げる理念に、あなたの考える新たな一行を加えてみませんか?

ページの先頭へ



STORY1

STORY2

STORY3